男性の一人暮らし、ベッドはシングルかセミダブルどっちがいいの?

男性の一人暮らし、ベッドはシングルかセミダブルどっちがいいの? お役立ち

はじめて一人暮らしをする時って
シングルベッドを買うかセミダブルベッドを買うか迷いますよね。

実際、はじめての一人暮らしで購入するベッドはシングルが多いらしいです。

しかし就職したり少し広い部屋に引っ越した場合、シングルだと少し狭いって感じです。

では、一人暮らしの場合シングルかセミダブルどっちがいいのか?

そんな訳で、シングルベッドとセミダブルのメリットやデメリットについてまとめてみました。

男性の一人暮らし、ベッドはシングルかセミダブルどっちがいいの?

シングルのメリット・セミダブルのデメリット

シングルベットは、ベットの中でも一番小さいサイズになるので置くスペースも最小限ですみます。

一人暮らしで部屋が狭い時にもシングルベットなら省スペースです。圧迫感もなく部屋になじみやすいのでインテリアを邪魔することもありません。

部屋に入れる時や引っ越しの際にも運びやすいでしょう。

また、いつか処分する時にも持ち出すのが簡単なので買い替えの時にも便利です。多少の重さはありますが、男性1人なら動かすことができますので、部屋の模様替えがしたいという時にも配置替えがスムーズにおこなえるのもシングルベットのメリットです。

一般的なサイズとなっているのでシーツや掛布団なども種類やデザインが豊富にそろっています。

価格も安いので、一人暮らしには嬉しいですね。

セミダブルのデメリットは、シングルよりも大きく重いということ。

シングルよりも幅が20㎝以上広くなっています。

動かすのにも力がいるので、一人では難しいかもしれません。

スペースも必要になり小さめの部屋では空いているところが少なくなってしまいます。

シングルなら6畳の部屋でも使えますがセミダブルを置くと圧迫感を感じる場合もあります。

部屋が広めじゃないとセミダブルを置くのは難しいです。

シングルのデメリット・セミダブルのメリット

シングルのデメリットと言えば、その小ささが一番に挙げられます。

狭い部屋でも無理なく置けるというメリットがある一方、小さくて男性が寝るのには窮屈という点もあります。

女性や子供なら問題ありませんが背が高い男性や体格が良い男性だと少し物足りなさを感じてしまうでしょう。

狭さを感じないようにするには、肩幅よりも30㎝ほど広いベットを選ぶようにすると良いと言われています。

自分の肩幅と合わせてみて、シングルでは小さすぎるという場合にはセミダブルを選んだ方が良いでしょう。

また恋人などと一緒に寝ることがある場合もシングルでは小さすぎます。

窮屈すぎて眠れないほどなのでもしそのような場合はセミダブルの方がおすすめです。

セミダブルはシングルより広いので余裕を持って寝られます。

体を広げても窮屈に感じないのでリラックス気分が味わえます。

一人なら寝返りを打っても充分なスペースがあるので安心です。

シングルと同じように、一般的な大きさなので種類も豊富でカバーなどのデザインも色々選べます。

大型店などではほとんど取り扱いがあるのでお気に入りが見つかるでしょう。

部屋のコーディネートを楽しみたいという人にもぴったりです。

一人用ですが2人で一緒に寝ることも可能です。

一人暮らしの女性に人気のベッドサイズとは?

一人暮らしの女性に人気のベットサイズはシングルとなっています。

やはりそのコンパクトさが一番の魅力でしょう。

狭い部屋でも無理なく置くことができるので一人暮らしでスペースがあまりないという場合にも便利です。

女性一人が寝るのならシングルベットでも十分なサイズになっているので、それほど窮屈さを感じることもありません。

ベットのなかで一番小さくて軽いので女性一人でも動かすことができるのもポイント。搬入や模様替えの時にもシングルなら問題ありません。

ベットは毎日使うものなので何年かするとコイルが劣化してきて寝心地が悪くなってしまいます。

定期的に新しいものに買い替えることになりますので、運びやすさも重要です。

一般的に多く取り扱われているサイズなのでベットの種類も豊富。
店舗やインターネットでも豊富な種類があるので気に入ったベットを選びたいという時にも最適です。

シーツやカバーなども、幅広いデザインやカラーがそろっています。

部屋に合わせてコーディネートをしたいというおしゃれな女性にもシングルベットが人気になっています。

自分の好みに合わせてカスタマイズできるというところも女性に人気となっているシングルベットの魅力のひとつです。

 

 

コメント