桐すのこベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

桐すのこベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方 すのこベッド

桐すのこベッドを、買いたいなあ?
でもベッド選びを失敗したくない!

と、お悩み方も多いのでは?

ベッドはそう何回も買えるものではなく高額です。
なおさら「ベッド選びに、失敗したくない!」という思いは強いですよね。

そんな中で見つけた「すのこベッド」
見た目は、風通し良さそう。
通気性はいいはずなのに、湿気によるカビが心配という声もあります。

そんな訳で、桐すのこベッドのメリット・デメリットについてまとめてみました。

桐すのこベッドのメリットとデメリットは?

すのこベッドとは

ベッドの種類は豊富にあり、自由自在に選ぶことができますよね。

気に入るベッドを探していると、すのこベッドというものを見つけることもできます。

このベッドは、普通のタイプでは板の部分は木材を使って頑丈にしていたり、梁を設けていてその上に薄めの板を敷いているものも一般的ですが、この板の部分をすのこ状にしているものが該当しています。

すのこは押入れなどの収納スペースの下に敷き詰めて利用していることも目立ちますが、その機能性を持たせたものになるでしょう。

従って、単にベッドの板を完全に木材やマット類で埋めてしまうタイプではなく、すのこ状に仕上がっているものを指していて、その見た目は隙間が等間隔に開いている状態なので一目で判断することができるでしょう。

このタイプのベッドでも使われている素材に違いというものがあり、普通の安い木材の場合では短期間で腐食してしまう可能性がありますが、品質の良いものでは桐を材料にしていることが多く、長年にわたって使い続けることを可能にしています。

普通のベッドのスタイルのものからロータイプ、フロアタイプ、高さのあるものや床面に直接敷くタイプなど様々なものがあり、下部に収納スペースを持たせた機能性の高いものも販売されていることも特徴です。

すのこベッドのメリット

すのこベッドにはメリットが豊富にあります。まずは、ベッド本体が非常に軽量に設定されていることが多く、室内に置いても移動させることが簡単なタイプが多いものです。

板面をすのこにしていることにより、通気性がかなり良くなることは最大のメリットとして考えることができます。

通常タイプの全てを板にしているベッドの場合では、湿気が蓄積されてしまいます。利用している方の汗や熱気、室内に溜まってしまう湿気などを吸収してしまい、後にカビが繁殖してしまう可能性がありますが、すのこタイプの場合ではこのような心配が無くなります。

例えばベッドにカビが生えないという明確なメリットの他に、上に布団を敷いたままの状態でも、もしも布団が湿気を帯びてしまった際にも、普通のベッドと比較しても乾燥する時間をかなり短縮できるメリットもあります。

もしも布団に水などをこぼしてしまっても、手間を掛けずにメンテナンスを行うことができます。

布団をよけてすのこ部分を露出することで、短い時間で木材を乾燥させることができるので、すのこでも桐を使っているものであれば、水分によって腐食してしまうリスクが少なくなるでしょう。

種類の中にはすのこ部分を脱着できるものもあり、天日干しを簡単に行えることもメリットではないでしょうか。

すのこベッドのデメリット

すのこベッドには沢山の魅力がありますが、その一方でデメリットというものもあるので、購入する際には事前に知っておくことが良い方法でしょう。

通気性を良好にしているベッドになるので、夏の期間については非常に快適です。

しかし、冬期間に入ると冷気がベッドの下側から入り込んでしまうという可能性も否定できません。

対策は冬期間にはすのこの上にマットを敷く方法で解消させることが可能です。

音が気になってしまうという事例もデメリットになります。

完全に隙間なく固定されているものではなく、薄めの板で構成されているタイプになるので、就寝中に寝返りをした際には木材からの異音できしみなどが気になってしまうこともあります。

この内容については品質の良いベッドを購入すること、音対策を施しているものを購入することで解消できるでしょう。

最後に耐久性についてデメリットに感じてしまう内容も欠かせません。

すのこ状の部分は決して頑丈に作られているものとは限りません。

種類によっては耐荷重が低めに設定されていることもあり、このタイプのベッドでは体重の重い方ではすのこ部分が割れてしまうことも想定できます。

またお子さんがいるご家庭ではお子さんがベッドの上で飛び跳ねると、同じように損傷してしまうこともありますよね。

 

コメント