子供部屋にロフトベッドを置くメリットとは?おすすめ品&選び方

子ども部屋に収納ベッドを選ぶポイント! フロアベッド

子供部屋が意外と狭い
ベッドを置くとスペースがないな~

とそんな悩みがありませんか?

お部屋を広げることはできなくても、何とかスペースを確保して上げたいですよね

そんな時に役に立つのがロフトベッド
階段付きのロフトベッドなら、ハシゴに比べ子供も安全に昇降できますし
安全を考えたロータイプなどの選択肢もあります。

ただ、ロフトベッドデメリットがあるため、購入前に色々とチェックして下さい

そんな訳で、子供部屋にロフトベッドを置く場合のメリットやデメリットをまとめてみました。

子供部屋にロフトベッドを置くメリットとは?

ロフトベッドとは?

子どもが大きくなってきたから子供部屋を用意してあげたい、でも子供部屋のスペースは狭い。

子どものために必要なベッドも勉強机も収納スペースも確保しようと思ったら、家具類だけで遊ぶスペースがないなんてことありませんか?

我が家でも子供部屋として利用できるスペースは狭くて、絶対必要と考えていたベッドと勉強机を置いたら子どもが遊ぶスペースがなくなってしまって・・・

友達を呼んで遊ぶときでも、少しでも広さがある部屋を用意してあげたいと思いますよね。

狭いならベッドを置かずに布団を敷けばいいと言う人もいますが、布団だといちいち敷くのが面倒だし収納するスペースも必要になってくるので、できればベッドを置いてあげたいです。

そんな人のためにおすすめなのが、子供部屋ロフトベッドです。

ロフトベッドとは、階段やはしごを使って高い位置にベッドの部分を作り、その下の部分を机や収納スペースとして活用されたベッドのことです。

ベッドと机が同じスペースに置けるので、狭い部屋でも他のスペースを広々と確保することができ、空間を有効に使うことができるとして人気も高いです。

ロフトベッドの下の部分は机として使ってもいいですし、子どもの成長に合わせてソファや収納棚など好きなようにアレンジできますよ。

ロフトベッドのメリットとデメリット

ロフトベッドの最大のメリットは、空間を有効に使うことができるという点です。

ベッドが置かれる部分は本来他に何も置けず寝る場所としてしか利用できないのですが、ロフトベッドならそのベッドの下の部分を有効に使えるので、狭い部屋を広く使えるようになります。

子どもは特に部屋で広々と遊ばせたいので、ロフトベッドで家具をコンパクトにまとめるのが良いですね。

ロフトベッドにも様々なデザインがあり、高い位置にベッドがあるので秘密基地のようで子どもが喜ぶ場所になります。

子どもっぽすぎないデザインで機能性を備えたものを選べば、子どものうちだけでなく大きくなってからも使い続けられます。

反対にロフトベッドのデメリットとして、ベッドの下の部分に照明の明かりが届きにくく暗くなってしまうという点があります。

ベッドの下に机を置く場合は特に明るさが必要になるので、ライトを設置したり机の高さを低くして部屋の照明を届きやすくするなど工夫が必要となります。

他にも掃除が大変でほこりがたまりやすかったり、成長して大きくなるにつれて頭をぶつけやすかったり、小さいうちはベッドまで行くのに足を滑らせやすくて危険というようなデメリットもあります。

おすすめロフトベッド

ロフトベッドのデメリットを解消するために、機能性を備えたデザインのものを選ぶと良いです。

ベッドの下の机の高さを調節できるものがあり、成長や好みに合わせて高さを変えられるのでおすすめです。

子どもが小さいうちは、はしごでベッドに登るのが足を滑らせやすくて危険なので、階段がついたデザインを選ぶのも良いです。

風邪などで体調を崩してしまった時や夜トイレに行きたいときなど、登り降りが楽なので安心です。

デザインは長く使うことを考えて、子どもっぽすぎないシンプルなものを選ぶと良いです。

子どもの好みは成長と共に変わっていくので、現在の姿だけでなく何年後かの好みも考慮して選ぶのがポイントです。

男の子におすすめなのが、Studioがおすすめでシンプルな黒いデザインで下の机の高さを調節でにる機能もついています。

女の子にはStrainがおすすめで、華やかな白を貴重としたシンプルなデザインなので、飽きることなく大人になっても使い続けられます。

どちらも子どもが成長した時のことまで考慮して高さが調整できる機能や、ベッドの部分には物を置くための小さな棚やコンセントなどが用意されているのも嬉しいですね。
ロフトベッドを選ぶときには、子どもが大きくなってからも使えるような種類を選ぶと後々後悔せずにすみますよ。

 

コメント