子ども部屋に収納ベッドを選ぶポイント!

子ども部屋に収納ベッドを選ぶポイント! 狭い部屋

折角、子供部屋をつくったのに
ゴチャゴチャとしてスッキリしてないな~

そんな悩みはないでしょうか?

子供は成長と共にどんどん物が増えていきますからね!
当然成長に合わせて物もどんどんと増えてしまいます。

だから収納家具を増やし少しでもスッキリ整理させたいのは当然ですが、
実際は、収納家具を置くスペースがなかったり、置けても部屋が狭くなったりしまうという可能性も。

そんな訳で、子供部屋の収納をスッキリさせるためのポイントを紹介したいと思います。

子ども部屋に収納ベッドを選ぶポイント!

子供部屋収納ポイント

子供部屋 収納家具は非常に重要なところです。

基本的に、日本の住宅は子供の部屋にかぎらず大人の部屋でも狭い傾向があるからです。

アメリカのように、安田広い部屋ならば別ですが、そうでなければ限られたスペースの中で部屋を利用するしか方法がありません。

このような場合には、可能なかぎり無駄のないスペースを考えることが重要になるでしょう。

もし、限られたスペースの中で収納を考えるならば、基本的なことですが無駄なものを捨てなければなりません。
これは逆転の発想にありますが、多くの人にとっては、限りあるスペースをより広げようと努力します。

要するに、体内から不足している分を補おうとするわけです。

しかしながら、実際に部屋を広げることは難しいですし、リフォームなどをするとかなり時間とお金がかかってしまいますので妥当ではありません。

それよりも、限られたスペースを有効に使うために、いらないものを捨てるといった努力をする必要があります。
ものを所有することは一つの喜びになりますが、かといって何でも所有していればよいわけではありません。

子供に対して教育をするならば、勉強を強いるだけでなく必要ないものを捨てることも教育の一環と言えるでしょう。

子ども部屋の収納アイディア

子供部屋の収納アイデアとしては、ベッドを活用する方法があります。

基本的に、必要ないものをすべて捨てたとして、だからと言って部屋のスペースが完全に約わけではありません。

このようなときには、盾に広げるのが一番有効な方法です。

よく、今まで者が散乱していた場合でも、タナを作ったことにより結果的に収納スペースが増えたといった例も少なくありません。
ただし、ベッドがある場合には収納スペースを作るのが難しい傾向です。

そこで、ベッドの下に収納できるようなタイプにすれば、少なくとも子供の洋服などを入れることができるにちがいありません。

このように考えるならば、ベッドを工夫するだけで、十分な収納スペースを手に入れることが可能です。

もちろん、ベッド自体は少し背の高いものを利用した方がよいかもしれないです。

背の高いといっても限界がありますが、高さが30センチぐらいのものが50センチぐらいのものを利用することによりかなりたくさんのものを入れることができるといってよいでしょう。
後は、ベッドと勉強机が合体しているタイプのものもあります。

これは、上にベッドが付いているものでちょうど下の部分が勉強机になっているものです。

これにより、収納を増やすことが可能でしょう。

子ども部屋におすすめの収納ベッド

 

コメント