女性向けの小さめのベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

女性向けの小さめのベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方 お役立ち

我が家の寝室は少し狭い
子供部屋も狭い
それでも何とかベッドを置きたいな~

そんあ悩みはないでしょうか?

だた、ベッドを置きたいけど、置いてしまうと部屋がますます狭くなってしまう
そんなお悩みをお持ちのあなたに、小さめサイズのベッドをおすすめします。
男性の場合は体が大きいので難しい部分ではありますが、女性なら小柄なので小さめのベッドでも不自由なく寝ることができますよ。

女性向けの小さめのベッドのメリットとデメリットは?

コンパクトベッドとは?

コンパクトベッドとは、通常のサイズのベッドよりも一回り小さいものになります。

通常のサイズは、長さが2メートルほどになりますので、大人の男性であっても窮屈ではなくゆったりと利用できるのがポイントになります。

もちろん、それ以上に身長がある人や190センチ位ある人にとっては窮屈になりますが、それ以外の人にとってはゆったりと眠ることができる点が大きな特徴といえます。これに対して小さめ ベッドはどれぐらいの長さになっているかと言えば、特に決まりは無いものの長さは180センチ位になっている傾向があります。

一体どのような人に対して需要があるかと言えば、背の小さい女性や平均的に春上の女性に需要があると言えるわけです。

ベッドのサイズよりも20センチ位身長が低ければ、特に窮屈な思いをする事はありません。

もちろん寝相が悪い人などははみ出してしまう可能性がありますが、それ以外の人にとっては比較的快適に眠ることができるのがポイントです。

ベッドの横幅に関しては特に明確な決まりは無いものの、コンパクトベッドと言われているだけありやはり横幅も短い傾向があります。

ただ極端に短いわけではなく、10センチから15センチぐらい短くなっているものもあります。

コンパクトベッドのメリットとデメリット

女性がコンパクトペットを購入するメリットはいくつかありますが、その1つは面識を無駄に取らないことです。

日本の住宅の部屋がアメリカの住宅のようであるが特にベッドの大きさを気にする必要ありません。

ですが、現実的に考えてそれほど広い中に住んでいる人はなかなかいません。

このように考えれば、限りあるスペースを有効に使うためコンパクトベッドを利用するのが良いと言えるでしょう。

これにより、今まで入らなかった家具などを入れることができたり狭いスペースでも利用することができるメリットがあるわけです。

もう一つの利点があるとすれば若干ですが料金が安くなります。

料金はその種類によって異なりますが、1000から2000円ぐらいは安くなる可能性があります。

特にベッドに対してこだわりがない人ならばあまり無駄にお金をかけたくない気持ちが出てくるはずです。

そのような人にとっては、利点と入れるのがコンパクトベットです。
さらには、女性特有の可愛いデザインを用いているものが多い傾向です。

もともと、男性は利用する事は無いベッドですので、これを利用することにより良い夢が見えるかもしれません。

女性専用のものですので、おしゃれなデザインも多くあります。

おすすめ女性向けの小さめのベッド

コメント