失敗しないベッド・マットレスの選び方を教えますベッド・マットレスの選び方の基本!!

失敗しないベッド・マットレスの選び方を教えますベッド・マットレスの選び方の基本!! お役立ち

ベッドやマットレスを買いたいけど、
どんなタイプにすればいい?

とそんな悩みはありませんでしょうか?

予算も考えないといけないし
どんな機能があるフレームを選べばいいのか?、
またどんな種類のマットレスがあるのか?

正直サッパリ分かりませんよね

そんな訳で、ベッド・マットレスの選び方の基本や
失敗しないベッド・マットレスの選び方などをまとめてみました。

ベッド・マットレスの選び方の基本!

ベッド選びの基本

ベッド選びの基本にはたくさんおさえなくてはならないポイントがあります。
ベッドマットレスだけではなくサイズの選び方も大事です。
失敗をしてしまうと我慢しながら使い続けなくてはなりませんし、買い替えなくてもいいようにしなくてはなりません。
部屋のサイズに対しての大きさを一番に考えてしまいがちですが、それだけではなく体のサイズに合ったものを選ぶようにした方がいいでしょう。

夫婦二人で使用をする場合には、大きなサイズの方がいいと考えてクイーンサイズなどを選びがちです。
ですが、必ずしもそれでいいわけではありません。
相手の寝相の悪さなどから安眠が出来ない可能性もありますので、クイーンサイズを購入するよりもシングルを2つ購入した方がいい場合もあります。
クイーンサイズの場合は、一緒に寝たくないと思っても離すことは出来ません。
しかしシングルサイズであれば2つを並べて使用をする事も出来ますし、離して使用をする事も出来ますので、状況に応じて変化をさせることが可能になります。

長く使用をしたいのであれば、状況に応じて変化をさせられる方が使い勝手が良くなり、買い替えのタイミングを遅らせる事も出来るでしょう。
無駄にお金を使わない為には、長い目で見て考えなくてはなりません。

ベッドフレームの選び方

サイズを考えるだけではなく、フレームに関しても考えなくてはなりませんが、ヘッドボードの部分にも注目をしてみるといいでしょう。
ベッドの上で読書をしたりテレビを見たいと思うのであれば、ヘッドボードがフラットになっているタイプを選ぶ事です。
ヘッドボードがフラットになっていると、その部分に持たれかけてゆったりとすることが出来るので、ベッドの上で長時間過ごすのが楽になります。
もたれる場所がなければ寝転がって読書をしがちですので、目にもよくありません。
できるだけ物が収納をしたいと思っている人なのであれば、フラットタイプよりも宮付きタイプを選ぶようにした方がいいでしょう。
宮付きタイプであれば、小物や携帯電話などを置いておく事も可能です。
眼鏡を使用している人の場合は、ベッドに入ってから眼鏡を置く場所が必要ですので、宮付きタイプであれば置く場所に困る事もありません。

フレームの素材にもこだわる事で、温かみを感じることが出来るかどうかも変わってきます。
レザーフレームは高級感がありますし、布に覆われたタイプであればソファのような感覚を得る事も出来ます。
実際に見て触ってみながらどのような感触なのかを確かめてみるのもいいでしょう。

マットレスの選び方

マットレスの選び方も大事で、安眠できるかにも関わってきますので、適切なマットレスを選ばなくてはなりません。
柔らかすぎると、体が落ち込んでしまうようになり安眠が出来ませんし、硬すぎるのも体が痛くなりがちです。
好みの硬さもあるはずですので、寝転がって見て硬さを確認してみるのが一番です。

比較的に密度が低いタイプのマットレスの場合、安価な値段で購入できるようになっていますが、耐久性の面から考えてみると、いいとは言えません。
密度が低ければそれだけ耐久性が短くなってしまいますので、長く使用をしたいのであれば密度が高いマットレスを選ぶようにした方がいいでしょう。

ベッドマットレスを選ぶ時には、通気性の事も考えて選ぶようにしなくてはなりません。
通気性が悪ければ蒸れやすくなり、夏には熱さを感じやすくなっています。
出来るだけ通気性がいいタイプを選ぶようにしておけば、カビの心配も少なくなりますし、快適さを感じながら眠ることが出来るようになるでしょう。
寝心地を重視したいのであれば、選ぶ上ではベッドマットレス選びが一番重要になってきますので、どの様なマットレスであれば安眠を得られるのかを考えてから選ばなくてはなりません。

コメント