夫婦に向いてるベッドの選び方!失敗しない夫婦で寝るベッドの選び方を教えます!

夫婦に向いてるベッドの選び方!失敗しない夫婦で寝るベッドの選び方を教えます! お役立ち

ご夫婦で仲良く寝る場合
同棲中のカップルで一緒に寝る場合など

1つのベッドで二人が寝る!
よく見る光景ですよね

でも実際に寝るとサイズ的なことやその他、色々な問題が起こるのも事実
では2人用のベッドはどれくらいのサイズが必要なのでしょうか?

そんな訳で、夫婦に向いてるベッドの選び方についてまとめてみました。

夫婦に向いてるベッドの選び方!失敗しない夫婦で寝るベッドの選び方を教えます!

夫婦で寝るベッドサイズは?

夫婦でともに寝室を使う際にはシングルベッドマットレス付きの倍程度の寸法があれば理想といえますが、いわゆるツインベッドのように独立した複数のベッドを並べるのではなく、最初から一体となったダブルベッドやキングサイズサイズのベッドを設置する方法もあります。

これらのサイズの中間的な存在としてセミダブルベッドやクィーンサイズのベッドなどもありますので、夫婦でお互いが利用可能なスペースを確認した上で選ぶのがよいでしょう。

一般のシングルベッドであればマットレス幅は100センチメートル程度というのが標準です。

これに対してダブルベッドはシングルベッドの場合の幅が確保できるかといえばそうではなく、140センチメートル程度となっていますので、意外と1人あたりのスペースとしては狭いつくりになっていることがわかります。

キングサイズが幅90センチメートルのマットレス2枚分に相当し、ようやくシングルベッドのマットレス幅の倍に近付きます。

実用の面ではダブルベッドが夫婦向けといえますが、一般的なイメージで考えた場合のベッド幅と実物には大きなへだたりがあることもあり得ます。

このような点を踏まえて検討を加えることが必要です。

夫婦でダブルベッドを使うメリット

ベッドのサイズは多種多様といえますが、そのなかで夫婦でダブルベッドを使う上でのメリットはいくつかあります。

たとえば経済的な視点からいうと、ツインベッドのように独立したベッドを購入するよりも価格的には安価になっていることが多く、掛け布団などの寝具もひとつだけあれば十分ということが挙げられます。

また賃貸マンションやアパートで生活をする場合は特にそうですが、寝室のスペースが足りない場合には、あまり大きなベッドを導入してもかえって圧迫感だけが残ってしまいます。

その点ではダブルベッドというのは夫婦で寝るための必要最低限の幅を持っていますので、無駄がなく省スペースになっているところが評価できます。

これらは物理点な面にしぼったダブルベッドのメリットにほかなりませんが、それ以上に重要なのは心理的な面からのメリットです。

夫婦で同じベッドを共有するダブルベッドはお互いの心理的な距離が近く感じられ、円満な生活を続ける上でも効果的といえます。

物事に対する考え方やライフスタイルの違いなどで夫婦が一時的に衝突することは避けられないものですが、日頃からの心理的な距離感が少なければ、関係を修復することも容易となります。

夫婦でダブルベッドを使うデメリット

夫婦でダブルベッドを使う上でのデメリットももちろんないわけではありません。

ダブルベッドはシングルベッドの1.4倍程度の幅しかありませんので、夫婦のどちらか一方の寝相があまりよくない場合には、スペースがやや足りなくなってしまう懸念があります。

このような場合、眠っている間に夫婦で無意識に掛け布団を取り合ってしまい、風邪を引いてしまうことがあります。

ベッドから落下してケガをしてしまうことなども考えられます。

またマットレスの内部はコイルなどで支えられていることが多く、夫婦の一方が寝返りを打つなどすればその衝撃はマットレス全体に広がりますので、相手のパートナーのほうを起こしてしまうこともあり、深く快適な眠りがさまたげられてしまうという点からも問題です。

いくら幅がそれほど長くはないとはいってもシングルサイズよりは大きいため、たとえば家庭にある洗濯機などで布団の丸洗いをすることも難しく、メンテナンス性という点からも手間がかかることがあります。

このようなデメリットを解消したいのであれば、やはり互いに独立したツインベッドにするか、またはさらにサイズが大きめのキングサイズを選ぶなどの工夫が必要となります。

コメント