和室でベッドを使うメリットとデメリット?失敗しないベッドの選び方はコレ!

和室でベッドを使うメリットとデメリット?失敗しないベッドの選び方はコレ! 和室

和室の部屋にベッドを置いたら?
どんな感じになるの?

そんな疑問はないでしょうか。

家具の中でお部屋のイメージを変えてしまうベッド!
和室にベッド置くとどうなるのか?

また和室にベッドを置くと畳などを傷つけないだろうか?

そんな訳で和室にベッドを置く時のメリットやデメリットを紹介しようと思います。

和室でベッドを使うメリットとデメリット

和室でベッドを使うメリット

和室でベッドを使うメリットは、和の雰囲気にモダンなテイストが加えられることです。
ホテルや旅館ではこのような組み合わせが珍しくなく、和洋折衷で新たな雰囲気や価値観を生み出しています。

和室に敷布団だと、クッション性の高い寝心地は得られませんから、現在の寝心地に不満を覚えている人にも和室ベッドはおすすめの組み合わせとなります。
また、床付近は埃が舞い上がりやすく、細かなハウスダストを吸い込みがちなので、まだハイハイをしている赤ちゃんがいる家庭でもおすすめできます。
マットレスが畳になっているタイプのベッドもありますから、和室に洋風の寝具だと違和感を感じてしまう場合にも適しています。

和室ベッドのおすすめの理由はもう1つ。それはベッドの振動や軋み音が床下に伝わりにくいことです。
一般的なフローリングとベッドの組み合わせだと、寝返りの振動が脚を通って床に伝わってしまいます。
これが意外と大きく響いてしまうので、カーペットや絨毯のない部屋だと困りものです。

しかし、和室の畳は防音性能が優秀ですから、多少の軋み音程度なら問題なく吸収してくれます。
床下に伝わる音が小さくなるので、そういう心配を抱えている場合にメリットとなります。

和室にベッド 畳を保護するコツ

和室とベッドの組み合わせは案外メリットが豊富ですが、一方では畳を傷付けてしまうデメリットもあります。
ベッドは基本的に重量物ですし、4本の脚で数十kgを支えることになるので、脚が畳にめり込み傷を残してしまいます。
更に寝る人の重量が加わるわけですから、ベッドを直に畳の上に置いてしまうのは御法度です。

畳の上にベッドを置く場合は、脚と畳の間に挟んで使用する、傷防止のアイテムを使用するのがコツです。
和室にカーペットは合いませんが、小さく切ったものを脚の底に貼る方法なら、目立たないので違和感を生じさせずに済みます。

この方法だと必要となるカーペットは少ないので、コスト的にも無駄が省けるメリットが得られます。
余っているカーペットを使用するのもOKですし、これなら出費なしで畳の傷が防げます。
畳の保護にはクッション性のあるコルクも有効で、同じくコスト面が優れているといえます。
ただ、ゴム製はニオイが気になりますし、合成樹脂タイプは色移りの心配があるので、できるかぎり天然のコルクをおすすめします。
コルクは安全性が高くクッション性も十分ですから、家具による床の傷防止に幅広く用いられています。
ベッドの重量にも耐えられる耐久性なので、床を保護するベストな組み合わせとなり得ます。

和室に合うおすすめベッド

収納力があると足腰にやさしい高さになる。

モダン畳チェストベッド【余凪】よなぎ 【国産畳】

モダン畳チェストベッド【余凪】よなぎ 【国産畳】

畳の下に秘めた、
たんす不要の収納力。

今日着る服も、季節物も、思い出の品も。
すべてが収まるスペースがあります。
―長物収納スペース―
カーペットや季節物のアイテム、お布団、スーツケースや思い出の品まで、普段使わないものをたっぷり収納できます。

≫≫≫モダン畳チェストベッド【余凪】よなぎ 【国産畳】  詳しくはこちら

 

ムダのない収納力。安心・快適な眠りを

シンプルモダン畳チェストベッド【翠緑】すいりょ

シンプルモダン畳チェストベッド【翠緑】すいりょ

仕切りがないため、カーペットや旅行カバン。シーズンオフのものなど何でも入ります。

―浅型引き出し―
バスタオルや衣類、
シーツ類など、
4杯もあるので
きれいに整理整頓が可能に。

―深型引き出し―
アルバムや雑誌・カバンなど
かさばるものが
すっぽり入ります。

≫≫≫シンプルモダン畳チェストベッド【翠緑】  詳しくはこちら

 

昼間は心行くまで寛げる空間として、、そして夜はい草の香りも爽やかな畳ベッドに。畳の下は長尺物もしまえる大容量収納。

棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】

棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】

POINT 1.心地よい和の寛ぎ・・・・畳、モダンライト付ヘッドボード
POINT 2. 安心の収納力と楽々開閉・・・・収納量、ガス圧ダンパー
POINT 3. 安心品質の日本製
心地よい畳の上での眠りが楽しめます。
昼間は不要な布団も収納して片付ければ、小さな和の空間が手軽につくれます。
足腰にやさしい高さ。立ち上がりやすく、腰掛けやすい。年配の方や、背の高い方でも立ち上がりの負担が少ない高さです。

≫≫≫棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】  詳しくはこちら

コメント