一人暮のベッドの選び方!失敗しない一人暮らし用ベッドの選び方はコレ!

一人暮のベッドの選び方!失敗しない一人暮らし用ベッドの選び方はコレ! 一人暮らし

一人暮らしをはじめたがベッドをどうしよう?

そう!一人暮らしの家具選びでまず悩むのが、ベッドなんです。

今は少し狭い一人暮らしにぴったりのベッドが数多く登場しています。

でも、折り畳み式のものや収納付きのものなど、色々な特徴をもつベッドが多く、実際どれを選んだらよいかわからないという方が多いんですよね。

また、どれくらいの大きさにするかもベッド選びの一番の悩みどころです。

そんな訳で、一人暮らしにおすすめのベッドをご紹介します。

一人暮のベッドの選び方!

一人暮らしのベッド選び方

一人暮らし ベッド サイズは一番最初に選ぶ基本的なことで、広いと寝やすいですが一人暮らしだと部屋にゆとりがないことが殆どなので他の家具とのバランスも必要です。

基本的なサイズはシングルで90cmから100cmと迷った時には一番おすすめで、大柄な人やベッドから落ちるのが心配な時はセミダブルの120cmがよいです。

他にも夫婦などが使うダブルは140cmでセミシングルは80cmから85cmとシングルよりも小さく、小柄だと省スペースに設置が出来るので女性に最適です。

次に長さですがショート丈だと無駄なスペースがかからず、一般的な長さよりも15㎝短くてフレームの全長で190cm前後です。

身長が165cm未満の女性におすすめでスペースに余裕がない時も活用出来ます。
サイズが決まった後はフレームを決めていきますが、機能や形状で使い勝手や見た目もかなり違うので、自分のイメージや部屋の雰囲気にあっていて、さらに一人での生活に向いている種類が良いです。

中にはヘッドボードが付いているタイプもあって棚やコンセント、照明が付いているタイプもあります。

これも見た目の印象に影響して、バランスよく見えますがないとすっきりと広く見せることが出来ます。

一人暮らし向けベッドのメリット

メリット

一人暮らし向けベッドのメリットは、布団と違って起き上がるのが楽で床の埃も吸いにくいです。

コンセントが付いていたりと便利な機能やインテリア性も高く、置きっぱなしなので直ぐにでも横になれますし通気性も高いです。

中にはソファとして使える商品もあってシーツやカバーの種類も豊富です。

例えば使えるスペースを増やしたい時はロフトベッドが最適で、寝床を高くしてその下の空間を利用出来ます。

収納や高いタイプだと下にテレビやソファ、デスクなども設置出来ます。

高さがあるので圧迫感があって、階段なので昇り降りをする必要があり寝る時には天井が近いので落ち着いて寝れないこともあるので注意が必要です。
他にも収納できる折りたたみベッドもあって、これは40cmくらいの厚さに折りたためて隙間に収納が出来ます。

一人暮らしで使うときは普段は出したままで過ごせますし、来客などがあって部屋を広く使いたい時は折りたたんで片付けておくことが出来るので便利です。

寝心地に関してはあまり良くないですが、付加機能でリクライニングが可能なタイプもあり、ソファのようにも使えます。

他にもソファとベッドを兼ねた種類もあり、大きな家具を一つ分のスペースで置けます。

主に来客用として使うことが多いようです。

一人暮らしにおすすめのベッド

 

コメント