ワンルームに最適なベッドって?気をつけるべきポイントと部屋を広く使う方法

ワンルームに最適なベッドって?気をつけるべきポイントと部屋を広く使う方法 一人暮らし

ワンルームで使用するベッドどれがいいかな?

そう、ワンルームで一人暮らしをしようとした場合、一番悩むのがベッドなんですよhね。

シングルサイズにするかセミダブルサイズにするか・・・・

お部屋の広さは一番重要ですが、本人の体格が寝相なども考えて購入するのが一番!

そんな訳で、ワンルームでベッドを置く時に気をつけるべきポイントなどを紹介いたします。

ワンルームに最適なベッドって?

ワンルームでベッドを置く時に気をつけるべきポイント

都市部に暮らすとなると、狭いワンルームのマンションを借りる事になるケースが少なくないです。

ワンルームのマンションとなると、基本的に和室よりも洋室であることが多かったりします。

そのため寝る場所としてベッドを置きたいと考える人が多いです。
ワンルームでベッドを使用する際に注意したいのが、まずは置き方だったりします。

ワンルームの狭い部屋の出入り口付近にベッドを置いてしまうと、出入りの際に邪魔に感じるだけではありません。

入って直ぐに視界の中に大きなベッドが入る事で、部屋をより狭く感じさせてしまう可能性が高いです。

だからこそワンルーム ベッドを入って直ぐの場所に置くという方法は、避ける必要があります。

部屋を少しでも広く見せたいなら、入り口から出来るだけ離れた場所に置く事がおすすめです。
ただしワンルームの場合は直ぐ隣に、キッチンがある場合が多かったりします。

なのでキッチンに近い場所には、置かない様に気を付けるべきです。

というのもキッチンでは当然ですが調理を行ったり、水を使用する事が多かったりします。

お陰でベッドをキッチンから近い場所に置いてしまうと、水や油が跳ねてベッドを汚してしまう恐れが生じるので厄介です。

ワンルームでベッドを置く際は、キッチンから離れた場所にする必要があります。

狭いお部屋を広く使う方法

ワンルームの狭い部屋に、2人暮らしをする事になった場合には2段ベッドを置くという方法がおすすめです。

というのも2段ベッドを置けば、1つ分のスペースに2人分のベッドを置く事が出来ます。

横に2つ並べるよりは断然スペースを使わずに済むので、2段ベッドの活用がおすすめです。
狭いワンルームに1人で住む場合には、ロフトベッドを設置する事をおすすめします。

ロフトベッドとは名前が示す様に、ロフトの様に高い場所に設置する物です。なので寝る際には梯子を上がって、ベッドに行く事になります。

そして下の部分は空きスペースとなっていて机やソファを置いたり、クローゼットにする等してスペースを有効活用する事が可能です。

通常のベッドを置くよりも、断然部屋を広く使えるのでおすすめ出来ます。
更にベッドを置く場所ですが、狭い部屋を出来るだけ広く使いたいなら部屋の端の方に置くべきです。

窓際や壁際といった部屋の隅っこにベッドを置く事で、中央に纏まった形で大きなスペースを確保する事が出来ます。

纏まった空きスペースを確保する事が出来れば、様々な家具を好きな様に配置する事が可能です。

その結果、スペースを無駄にせずに済むので狭い部屋でも効率的に利用出来ます。

ワンルームにおすすめのベッド

 

コメント