ボンネルコイルとポケットコイルの違いって?どちらがおススメか?

ボンネルコイルとポケットコイルの違いって?どちらがおススメか? お役立ち

ベッドを買いたいなあ?
でもベッド選びを失敗したくない!

と、お悩み方も多いのでは?

でも実は良い睡眠はベッドよりもマットレスのほうが影響します。

またフレームは安くてもそうそう壊れることはありませんが、マットレスは耐久性や寝心地に差が出ます。
そんな訳で、マットレスの種類の「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」についてまとめてみました。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いって?

ボンネルコイルとは

マットレスにはいわゆるフォームタイプだけでなく、バネで弾力を生み出すスプリングタイプもあります。
スプリングタイプは主に、ボンネルコイルとポケットコイルの2種類があって、寝心地や耐久性などに影響しています。
ボンネルコイルは数百本のスプリングが垂直に立ち並び、横同士で連結されているのが特徴です。
その為、一ヶ所に負担が発生すると周りにも沈み込みが伝わり、面で体重を支える結果に至ります。
耐久性の点においては、スプリングが1本1本が独立しているタイプよりも、ボンネルコイルの方が優れていると思われます。
また、スプリングを包む構造をしていませんから通気性が良く、蒸し暑い夏場でも快適に眠れます。
日本のように高温多湿の地域においては、通気性が優れるこのタイプのマットレスが好まれる傾向です。
ただスプリングが横同士で繋がっている代わりに、横方向に揺れてしまう欠点があります。
寝返りの際に揺れが気になる恐れが強いですから、マットレスを選択する時は良く考えて検討することが大切です。
点ではなく面で体重を支える構造上、スプリングの数を減らすことができるので、コスト削減に結び付き価格が抑えられるメリットを発揮します。

ポケットコイルとは

ポケットコイルはスプリングが1本ずつ独立しており、それぞれ不織布などで包み込まれているのが特徴です。
これはスプリング同士が絡むのを防ぐのが目的で、独立した沈み込みを実現する為に不可欠なものです。
スプリングが個別に沈み込みますから、面ではなく点で体重を支えるイメージとなっています。
横同士は連結されておらず、負担の分散を行えないことから、スプリングの数を増やして荷重に備えます。
その為、ボンネルコイルタイプに比べると価格帯はやや高めで、安価な製品にはほぼ採用されていないといえるでしょう。
ポケットコイルは、横に揺らしても隣のスプリングに揺れが伝播しないので、ボンネルコイルにありがちな横揺れは発生しないです。
更に、点で体の負担を支える構造なので、柔らかい寝心地が得られたり、無理な姿勢を避けてゆったりと眠れます。
スプリングが包まれていることから通気性には期待できず、蒸れやすい季節だと湿気が溜まってしまう恐れがあります。
スプリングはタイプや構造の違いに関わらず、鉄をベースとした鋼材を用いている場合がほとんどです。
錆びないように加工されてはいるものの、長期的な観点で考えると、通気性があまり良くないポケットコイルは寿命に懸念が生じます。

ボンネルコイルとポケットコイルの違い

ボンネルコイルとポケットコイルを比較してみると、それぞれの違いや長所が見えてきます。
前者はスプリングが連結されていて、面で沈み込みを防ぎ通気性の良さも発揮するのが特徴です。
面で体重を支えることから、寝心地は床に敷いたやや硬めの布団という感じです。
柔らかい布団で腰の沈み込みが気になる場合は、あまり沈み込まないボンネルコイルがマッチするでしょう。
一方の後者は、スプリングが個別に独立していて、一ヶ所に荷重を掛けてもその部分だけしか沈み込まないです。
面で支えられる感覚とは無縁ですから、柔らかめの布団で眠るかのような寝心地が得られます。
寝姿勢的には無理が生じにくく、理想的な背筋を保ったまま眠れるタイプとなっています。
更に、横揺れに強いので、柔らかい寝心地にも関わらず安定した感覚がある不思議なタイプです。
通気性やコスト面ではボンネルコイルに軍配があがり、寝心地や横揺れのなさはポケットコイルが優れます。
いずれも一長一短が存在していますが、寝心地は明らかに異なりますから、直接的に比較を行えば好みが分かるはずです。
耐久性はスプリングの質や本数によりますから、一概にどちらが優位とは断言できませんが、一般的には面で支えるボンネルコイルがやや優位だと考えられます。

コメント