ベッド周りの除湿はどうするの?効率よく除湿をする方法

ベッド周りの除湿はどうするの?効率よく除湿をする方法 お役立ち

ベッド購入した方でもっとも悩みが多いのが湿気とカビ問題!
湿気が多くほこりなどが多い環境で放置しておくとベッド周辺の壁にまでカビが生えることがありとっても不衛生です。

特に、日本は先進国の中でも群を抜いて高温多湿な気候
日本の気候はカビが好む高温多湿で家の中は年中湿気に悩まされますよね。

つまり日本ではどの季節もベッド周りの湿気は高い状態にあり、気候も相まってカビが発生しやすいのです。

そんな訳で、ベッド周りの除湿を効率よくできる方法を紹介しようと思います

ベッド周りの除湿はどうするの?

ベッド周りの除湿すべきポイント

梅雨時期などは雨がよく降る時期でもあり、湿気が多い季節です。

そのため、室内に関して湿度が高くなりやすく、じめじめとした状況になりがちです。また、ベッド周りに関しても何も対策せずにいると湿気が多く、カビなどが発生しやすい環境ではきちんとした睡眠をとるというのが難しい傾向もあります。

ベッド 除湿対策が必要となるためポイント

この点から、ベッド 除湿対策が必要となるためポイントを押さえていきましょう。
基本的にベッド周りの除湿すべきポイントとしては、マットレスの裏側やベッド下です。

室内の湿度が高いだけでなく、寝ている時に汗をかけばそれも湿気の原因につながります。

寝汗などの湿気はベッドを通じて下に向かうことになり、マットレスの裏側やベッド下などに停滞する傾向があります。
また、ベッドによっては収納ベッドなどのたぐいとなると、その収納スペースに湿気がこもりやすいという点も注意しておくことが必要です。
このように、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

湿気が溜まりやすい場所を覚えておくことで、そのポイントに対して対策をすることにより問題が解決することにつながります。

カビなどが発生しやすい状態は健康面を害することにもつながるため、できるだけそのような生活環境にならないように心がけることが重要です。

効率よく除湿するには?

効率よく除湿をしたいという場合には、いくつかの方法があります。

まずは通気性をよくするということです。

空気が停滞しやすい状態というのは、そこに湿気が溜まることで、湿気が逃げない状態となります。

そのため、通気性をよくすることにより湿気が溜まりにくい状態を作りましょう。

そのため、ベッドなどの配置をかえてみるなど自分なりに工夫してみることが大切です。
また、除湿シートなどを敷いてみるのも一つの方法だといえます。

湿気を吸い取ってくれるため、効率よく除湿してくれるアイテムです。

通気性をよくするといっても、状況によってはどうしても空気の流れが悪い状態を改善できないという場合には、その他の対策が必要となります。

この点からも、除湿シートは有効な対策といえるため、利用してみるといいでしょう。湿気を分散させることよりも除湿シートで吸い取ってしまえば、室内全体でみても湿度を下げることにつながるため、メリットは大きいといえます。

シートを置く場所としては、マットレスと床板の間やマットレスの上側に敷いてみるというのもいいでしょう。

除湿シートなどは、市販されているため気軽に購入も可能です。もしくはネット通販などを利用して購入してみましょう。

コメント