ベッドフレーム選びの基本!失敗しないベッドフレームの選び方を教えます!

ベッドフレーム選びの基本!失敗しないベッドフレームの選び方を教えます! お役立ち

人は人生の約1/3を寝て過ごすといわれていますよね!

快眠はその日の疲れをとり、明日の活力にもつながります。

そんな心地良い眠りに欠かせないのが、ベッド選び♪

とくにベッドフレームは品質・機能だけでなく、インテリア性にもこだわりたいものです。

そんな訳で、失敗しないベッド選び方などについてまとめてみました。

ベッドフレーム選びの基本!失敗しないベッドフレームの選び方を教えます!

ベッドサイズの基本

就寝時に必須家具になるベッドですが、様々なサイズ設定のベッドが存在しています。

基本となるのは最もスタンダートなものではシングルベッドです。

1人用で使うには最も多く利用されているもので、室内空間が狭いという環境でも重宝されています。

セミダブルベッドというサイズもあります。シングルベッドよりも少し幅広く設定されていて、ゆとりを持たせて1人で寝るには最適な基本となるサイズです。

ダブルベッドは2人用のベッドの基本形です。

カップルや配偶者と一緒に寝る際には最低限必要なサイズですが、最近ではペットと一緒に寝る方も利用をしています。その上にはクイーンサイズがあります。

横幅は約160センチになりダブルベッドよりも余裕を持たせています。

その上にはワイドクイーンやキングサイズ、ワイドキングといった種類があり、最大のワイドキングでは幅が2メートルになるので3人用としても十分に対応できるサイズです。

数々のサイズが存在していて、規格というものは各メーカーで共用していることになりますが、ベッドサイズの基本は最も大切な選び方になり、欠かせないチェック項目として考えられるのではないでしょうか。

寝室の広さによって違いはありますが、できるだけゆとりあるベッドを選ぶと快眠にも役立つでしょう。ベッドフレームを選ぶ前の基礎的な情報です。

フレームのデザインから選ぶ

ベッドフレームにはデザインというものがあり、非常に種類は豊富です。

基本とされるデザインは4本脚や6本脚で作られているものです。

床面とのスペースがあるタイプになり、普通のタイプとして見つけることができます。

次に頭側と脚側にフレームを設置していて、その中央部分に空間を持たせているフレームもあります。

このタイプの場合、そのまま利用するベッドも多々ありますが、下のスペースに収納棚を設置しているデザインのものも高い人気がありますよね。

床面とのスペースを完全に遮断しているフレームもあります。

このデザインは通常ではフロアベッドとして用いられているもので、前後左右の全てのフレームが床に設置をしているタイプです。

逆に高さを売りにしているフレームのデザインもあります。

ロフトベッドなどが該当していて、階段付きで販売されているものも目立ちます。デザイン分けでは装飾についての内容も欠かせません。

平らな板で構成されているフレームのベッドが多い一方で、洋風スタイルの場合では装飾が施されていて、気品のあるデザインに仕上がっているものも沢山あり、特にヘッド部分を設けているものでは、デザイン性と機能性の両方を満喫することもできるでしょう。

フレームの素材から選ぶ

ベッドフレームは多彩なものが販売されている昨今ですが、ベッドの購入時にはフレームの素材をチェックして選ぶということも間違いではありません。

一般的に多く利用をされているものは木製です。

木製はアレンジの幅が広がる素材でもあり、見た目の印象もデザインによって大きく変える能力を持っています。

自然的な風合いを満喫できる木材を活かしたフレームの他に、同じ木材でもホワイトやブラック系に施されているものがあり、エレガントなイメージやクールなイメージなど、その出来栄えによって差があります。

金属製のフレームも素材の中では多いものです。

パイプベッドなどは非常に低価格で販売されているものがありますが、ベッドの剛性を重要視して金属の素材でも平らな面と丸みを帯びたものを組み合わせているものも人気です。

高級感を感じられる金属ベッドも多く存在していて、フレームに採用されている金属の種類にはサビ対策をしっかりと施しているものも多いでしょう。

最後にレザー製にフレームもチェックしたい素材です。

レザー製といっても実際の下地素材は木材で作られていることが多いものですが、その表面をレザー張りをしているものがあり、その独特な風合いでかなりの高級感を出しているものも人気です。

 

コメント