フロアベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

フロアベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方 フロアベッド

あのオシャレなフロアベッドにしたいな~

でも聞くところによるとカビが生えたりするとか?

そんな疑問はありません?

今人気のフロアベッド!
でも、巷では通気性が悪いのでカビが生えて大変という噂が・・・

実際の所、フレームの形状から想像できるように、フロアベッドは湿気がこもりやすく、
一般的な高さのあるベッドよりもカビの不安があります。

とは言うもののたくさんのメリットも多くあるので、通気性の悪い所を解消できれば、
いいとこだらけのベッドになりますよね。
そんな訳で、フロアベッドのメリット・デメリットなどをまとめてみました。

フロアベッドのメリットとデメリットは?

フロアベッドとは?

床面が低いことで部屋を広々と見せる効果をもたらすフロアベッドは、名称が示す通りフロアである床の上にベッドの床板やすのこを直接敷いて、その周囲をフレームが囲む構造になっています。

すのこの上にマットレスを敷く形となっており、ベッドの床面をフロアに直接置く構造となっていることから、支えるための強度が不要です。そのため面積が広めの製品でも他タイプのベッドよりも安価に購入できるようになっており、その点でも人気を高めています。

ローベッドと混同されがちですが、こちらは低くても床面がしっかりあるベッドで、マットレスはその上に載せるタイプです。

フロアベッドの場合はフレームの中にマットレスが収まる形となるため、大き過ぎるとフレームからマットレスがはみ出すため使えず、小さすぎるとフレームとの間に隙間ができてしまいます。

マットレスに厚手のカバーをかけたい場合には少し小さめのマットレスを選ぶ必要があり、ベッド購入の際に自分の好みや用途に合わせた最適なサイズのマットレスを一緒に購入しておくほうが無難です。

ベッドそのものの価格がほかのタイプよりも低めということで、そのぶんマットレスにお金がかけられる点もフロアベッドの魅力の一つとなっています。

フロアベッドのメリットとデメリット

フロアベッドならではのメリットは、マットレスを置く高さがほかのベッドよりも低くなることでベッドの存在感を最小限に留め、解放感のある雰囲気を室内にもたらすことにあります。

ベッドの面積がほかのタイプよりも広く見えることや、高級感のあるデザインのフレームであれば価格のわりに高価なベッドに見える点も魅力です。

ベッドならではの高さがないことから、これまで敷布団で寝ていた人が違和感なく移行しやすく、就寝中に落下したとしても問題ない高さということで、高齢の人や幼い子どもも安心して眠ることができます。

フロアベッドのデメリットはメリットの裏返しとなっており、低すぎるために立ち上がるのが不便なことです。

すのこの上のマットレスが厚みのあるタイプでなければ直接床に敷いているのと変わらない高さとなり、掛布団などが床について汚れやすくなります。

床に最も近いベッドということで下部に湿気がこもりやすくなる点こそが大きなデメリットで、湿気対策をこまめに行わないとマットレスの裏やフロアにカビが発生する恐れがあります。

マットレスを載せるすのこは通気性が高い物を選び、マットレスのほうも抗菌防臭のほか防カビ対策が施されている製品を選んでおくと安心です。

ほかのベッドのように下部に収納スペースがない点も、収納を増やしたい人には残念なポイントになります。

フロアベッドはこんな方におすすめ

フロアベッドが向いているのは室内を可能な限り広く見せたい人です。
北欧風インテリアにこだわってローテーブルやローソファなどほかの家具類も低めタイプを選んでいる人にとっては、申し分のないデザインと言えます。

構造上、見た目のわりにベッド本体の価格が低めとなっていることから、マットレスのほか枕や掛布団などにお金をかけることができます。フレームのデザインなどは人それぞれの好み次第ですが、選び方の大事なポイントとしては、床面が板状になっているものではなく、すのこタイプを選ぶことです。

カビを発生させないために重要な湿気対策にとっては、床面がすのこであることは基本と言えます。

すのこの高さがフレームよりも低めのほうがマットレスの収まりが良いですが、湿気・カビ対策強化のためにはすのこが高めで、下部に空気の通り道となる空間が増えるほうが安心です。

パッと見た際のデザインの良さや購入しやすい価格帯であることも大事ですが、長い目でみた場合に重要になってくる湿気・カビ対策を見据えて冷静に選んで行く必要があります。

床に近いフロアベッドは、座って過ごす際にも目線が非常に低くなることでリラックス気分が高まりますが、カビ臭などが漂っては台無しになるため、その点を意識して選ぶことが大切です。

コメント