クローゼットしかないお部屋には布団を収納できるベッドがおすすめ!

クローゼットしかないお部屋には布団を収納できるベッドがおすすめ! お役立ち

クローゼットはあるけど、押入れがない?
布団の収納をどうし?

そんな悩みがありませんか?

最近、クローゼットはあるけど押入れがないと言う部屋が増えてきており
布団を収納するスペースがないという悩みをお持ちの方が多くなってきております。

コレは住宅事情に関係ぢしており、最近は和室がなく洋室が多く、
収納スペースと言えば「クローゼット」という流れになってしまったことが原因・
当然、一軒家であっても押入れがない家庭も珍しくありません。

でも布団の収納に押入れが最適ですよね。
クローゼットは奥行きがないので、布団をしまうのは難しいと思います

そんな訳で、おすすめの布団を収納できるベッドを紹介しようと思います。

布団を収納できるベッドがおすすめ!

布団を収納できるベッドのメリット

一人暮らしの場合や、子ども部屋などで押入れがなくクローゼットしかない狭い部屋の場合には、布団 が 収納 できる ベッドがおすすめです。

こういったベッドのメリットとしては、まず部屋を広く使うことが出来るという点です。

一人暮らしで収納が出来るタイプであれば、1ルームの場合には特にベッドが部屋の大部分を占拠してしまう事にもなりかねませんし、インテリアの事を考えても邪魔になる事も想定されます。

たとえばソファーベッドにするというのも選択肢の一つですが、布団を収納してしまうことが出来たりソファーとして使うことができれば部屋を広く使うという事も出来ますのでお勧めです。

布団があるというと、部屋の印象もかなり変わってきますし、収納できずにその状態のままとなれば、座る場所も確保できないというデメリットも生じてきます。

布団 が 収納 できる ベッドであればその点クリアになります部屋全体をすっきりと見せることが出来るようになるでしょう。

棚のようになっていたり、畳のようになっていたりと、そのタイプも様々です。

部屋をどのように使いたいかという事で選んでいくこともできますし、その方のニーズに合ったベッド選びをしていくことをお勧めします。

その他の布団収納法

ベッドの布団をどのように収納するかという事になりますが、まず布団が収納できるベッドを使うというのも一つの選択肢です。

そのほかの方法には、ベッドを折りたためるタイプのものにして部屋の隅に置くという事も可能です。

これは見た目的にはあまりきれいではありませんが、子供部屋などで友達が来る時に邪魔だからとりあえずどけるといった要素であれば問題はないでしょう。

ベッドごと折り畳むことができますのでスペースを確保するという事にもつながります。

またソファ―ベッドにすれば布団をちょっと片づければソファーとしても使うことができますので、座る場所の確保が出来るというメリットも出てきます。

クローゼットしかない場合には、簡易的な布のようなものでできた収納を利用するという方法もあります。

最近は色々な目的で使用する方がいるため、その形であったり大きさというのも様々な物が出ています。用途に合わせて選んでいくことが出来るでしょう。

また、クッションのような大き目の袋に収納してそれをクッションとして使うことが出来るように作られているものも出ています。

要れるのは少々面倒かも知れませんが、それを使えばお客さんが来た時に収納が無くても安心です。

おすすめの布団を収納できるベッド

コメント