アレルギーの出やすい子供にオススメのベッドとは?喘息が起きないようにベッド周りでできる対策

アレルギーの出やすい子供にオススメのベッドとは?喘息が起きないようにベッド周りでできる対策 お役立ち

ヒューヒュー・ゼーゼーいうような、とっても苦しそうな呼吸。。

子供に多い病気、気管支喘息といいます。

こんな症状で悩んではいませんか?

実は小児ぜんそくはかなりの確率でお子様にかかるらしい。

そんな辛い喘息を少しでも改善するために、少しでもお役に立てればと思い
ベッドの選び方などをまとめてみました。

アレルギーの出やすい子供にオススメのベッドとは?喘息が起きないようにベッド周りでできる対策

喘息の原因と発作について

喘息の原因は様々なものが考えられますが、頻繁に喘息を発生させる人の多くはアレルギー体質であることが多く、ほこりなどで過剰に反応し咳が止まらなくなってしまうということが少なくありません。

そのためこのような人に対して、ほこりや煙など刺激性の強いものが軌道に入ると咳き込んでしまうため注意をすることが必要です。
普段の起きている時であればそのような環境に入らないようにすることが非常に重要ですが、就寝中などは体を動かすことが基本的にできないため、十分に注意をすることが必要となってきます。

ベッドの周辺にそのような原因となるものをおかないようにするなどの対策をすることが必要となりますが、最も怖いのはベットの中にダニなどが侵入してしまい、それが原因となって喘息を引き起こしてしまうということが多いので気をつけることが必要です。
喘息ベッドはこのような問題を発生させないように様々な工夫がされていることが多く、周辺からのほこりが入らないようにベッドの周りに囲いがされていたり、床などのダニやその他のほこりが上がらないよう、比較的高さが確保されているのが特徴です。
そのため、通常のベッドに比べ喘息の原因となるほこりやダニが広がりにくい構造となっています。

喘息の子供におすすめのベッドとは

喘息の子供におすすめのベッドは基本的にはベビーベッドと同じ構造が適しています。

ベビーベッドは床からの高さが30センチ以上あり、大人が赤ちゃんを抱き上げやすくなっているのですが、床から高い位置に寝る形となっているため、床にあるほこりやダニがベットの部分に広がりにくくなっているのが喘息に対して良い効果を与えるものとなっているのです。

またベビーベッドは赤ちゃんが飛び出さないように周りに柵があるのが特徴ですが、この柵が周囲のほこりが直接ベッドに入り込むのを防ぐ役割を果たすためほこりが入りにくくなると言うメリットがあります。

そのためベビーベッドは喘息の対策にも非常に優れたものとなっているのです。

子供の場合でも赤ちゃんと同じように自分で喘息の対策を思うようにできない部分があるため、効果的に喘息の対策をするためにはベビーベッドと同じような構造を持っているものを利用することが良い効果をもたらします。

また、子供の場合には2段ベットの上側を利用するのも効果的な方法です。

2段ベットの上側は柵が設けてあるほか、床からの高さも十分に確保されているので、ベビーベッドと同じような効果をもたらすことができ喘息には適した構造となっています。

喘息が起きないようにベッド周りでできる対策

喘息の人が使用するベットはベビーベッドと同じような構造を持っていることが非常に良いものですが、それだけでは充分な喘息の対策を行うことができません。

ほこりやダニの問題が発生しないよう室内なども十分に対策をすることが必要となります。
喘息で最も悪影響を及ぼすのがほこりやダニですが、これを発生させないようにこまめに掃除をし放置をしないようにすることが重要です。

基本的には毎日掃除をし喘息の原因を作らないようにすることが重要となるのです。

さらに最近では空気清浄機が非常に重要な役割を果たします。

近年の空気清浄機はダニなどを排除する機能を持っているものが多いので、これを利用することで日常的なダニの発生を抑えることが可能となっているのです。

このような対策をとることでベット周りの環境を大幅に改善することができるようになるため、積極的に利用することが重要です。

部屋を閉め切っていると様々なほこり等が床にたまってしまい、これが睡眠中の呼吸などで舞い上がってしまうことも考えられるため、本人が外出している間などは窓を開けて換気をすることが重要です。

強い寒気をする際には外から埃が入ることもあるため、その後しっかりと掃除をしておくことが重要となるのです。

 

 

 

コメント