狭い部屋でも広く寝たい!セミダブルのロフトベッドおすすめ品と選び方

狭い部屋でも広く寝たい!セミダブルのロフトベッドおすすめ品と選び方 ロフトベッド

そんな悩みはないでしょうか?

そんな悩みはないでしょうか?

ソファとかテレビなどを置いてしまうと、
ベッドの方は通常サイズのベッドになってしまう・・

でも広いベッドで寝たい!

そんな気持ちを解決してくれるのが「セミダブルサイズのロフトベッド」
スペースを有効に使えるため、狭い部屋でも広い寝床を確保することが可能ですよ!

狭い部屋でも広く寝たい!セミダブルのロフトベッドがおすすめ

ベッドの種類を考える

狭い部屋に住んでいる人の中には、ベッドがスペースをとり過ぎていて生活に不便を感じているという人もいます。

しかし、ベッドの種類を把握して特徴を知っておけば、狭い部屋にベッドを置いても生活に不便を感じなくなります。

狭い部屋のベッドに最適なのは、ロフトベッドです。

これは、ベッドの下部分に高さがあって机やソファー、服などを収納できるので部屋が狭くても十分に居住スペースを確保できる優れたものになります。

ロフトベッドは、シングルサイズだけでなくセミダブルサイズもあるので、十分な広さのあるベッドで睡眠をとることができます。

狭い部屋のベッドであっても、体をくつろがせることができるので今とても注目されています。

それに、自分で簡単に組み立てることができるものが多くなっています。

自分で組み立てるので、価格を安くして販売しているのも多いので、これから一人暮らしを始めようとしている人にもおすすめです。

ロフトベッド以外にも様々な種類がありますが、狭い部屋のベッドとして快適に過ごせるのはロフトベッドといえるでしょう。

そこで今回は、セミダブルのロフトベッドを選ぶメリットと選び方をご紹介します。これらを知っておけば、ベッド選びに困りません。

ロフトベッドを選ぶ

ロフトベッドは、まだそこまで浸透しているものではないので今回初めて聞いたという人もいるかもしれません。

このベッドは、外観が二段ベッドのように見えますが、上の部分が寝るスペースとなって下の部分が居住スペースになります。

強度に関してもしっかりしているものばかりですから、安定感のあるベッドで寝ることができるので安心して使えます。

天井の高さに合わせないといけませんが、下の部分の空間が広く取れれば狭い部屋であっても十分な広さのあるスペースを確保できるでしょう。
最近は、仕事や勉強で使う机を設置できたり、本を収納できる棚があったりと使い勝手の良いものが多いのです。下の部分に高さがなくても、ソファーを置いてくつろぎスペースにすることだってできます。

他にも、クローゼット代わりにすることもできたり…と様々な有効的な使い方ができます。
セミダブルのロフトベッドなら下の部分が少し暗くなることがありますが、電気スタンドをおけば明るい状態を保てるのでアレンジしてみてください。
このように色々とアレンジして使えるスペースができるので、今注目されているのです。

お洒落なデザインも増えてきているので、部屋の雰囲気に合わせて選んでみてはどうでしょうか。

収納ベッドを選ぶ

狭い部屋の場合、収納スペースが十分に備わっていないことがあります。そうなった時におすすめなのが収納ができるベッドを置くことです。

ロフトベッドもその一つで、ベッドの下の部分を収納スペースにすることができます。

ロフトベッドによっては、ハンガーをかけられるパイプがついていたり、棚を設置できるようになっていたりします。

また、自分なりに考えてアレンジすれば洋服だけでなく鞄・タオル・靴下・下着なども収納できるので、生活がしやすい環境を整えられるのです。
ロフトベッド以外では、ベッドの下に引き出しが付いている収納ベッドも存在します。

ベッド下に洋服などを入れられるので部屋に棚を設置しなくてもよくなり、部屋のスペースを十分に確保できるでしょう。

最近は、引き出しの数も二段や三段というものもあります。この場合、ベッドの部分が高い位置になるので階段が設置されていて、乗り降りがしやすくなっています。

このように収納できるベッドだけでも様々です。

自分が使いやすいものを選んだり、部屋の広さに合わせて選んだりすると良いでしょう。
特にロフトベッドは収納だけでなく居住スペースを十分に確保できるアイテムなので、ベッドを買おうと考えているのならおすすめです。

 

コメント