ローベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

ローベッド

新しくベッドを購入したいな~
でもどんなスタイルのベッドにしようか?

新しくベッドを購入したいな~
でもどんなスタイルのベッドにしようか?

そんな悩みはございませんか?

ベッドを購入する時!
どんな感じのベッドにしようか?
そんなことをまず悩みますよね。

普通の「ベッド」にするか?
それとも今流行のローベッドやフロアベッドなど低いスタイルにするか?
また、スペースを有効に使えるロフトベッドや収納付きベッドなど、色々なタイプのベッドがありますからね!

今回はその中で今人気の「ローベッド」のメリット・デメリットを考えてみようと思います。

 

ローベッドのメリットとデメリットは?

ローベッドとは?

ローベッドとはなんでしょうか?床からの距離が近いベッドのことです。
まず、現在流通しているベッドの大きさはどんな種類があるのかざっくり紹介します。
ホテルなどにある大きくて贅沢な気分を味わえる大型ベッドは、マットレスを含め床から約50センチです。
一般的な家庭に多く使用されている中型ベッドは、小型ベッドに厚み約20センチのマットレス、又は一般的なベッドに厚み約10から15センチのマットレスのベッドは、マットレスを含め床から約40センチです。ソファやダイニングチェアが似たような高さなので、大体イメージができると思います。
そして本題になりますが、ローベッドは小型ベッドに10から15センチ前後のマットレスを使用し、マットレスを含め床から約30センチです。上記の大型ベッドと中型ベッドに比べ、ベッドの高さとしてはかなり低い部類になります。
敷布団だと物足りないけれどベッドが欲しい。しかしボリュームがあると部屋が狭く見えてしまうからベッドの購入に悩んでいる。と悩んでいる方にはぴったりです。そんな方に、これからローベッドのメリットとデメリットを書きます。少しでも購入に悩んでいる方には是非参考にしていただけると嬉しいです。

ローベッドのメリットとデメリット

これからメリットとデメリットについて書きます。
それではまずメリットから説明していきます。
寝室があまり広くなくても圧迫感を感じづらい!部屋を見渡した時に、高さがない分解放感があり、視覚的な効果を得ることができます。また、高いベッドと比べ、部屋に落ち着いた雰囲気を出すこともできます。
ベッドから墜落する恐怖が少ない!誰しも一度は寝ぼけてベッドから落ち、痛い思いをした方は少なくありません。しかしローベッドは先ほど説明しましたが、床から約30センチという高さです。なので、万が一落ちてしまっても大きな怪我をする確率は大型ベッドに比べ格段に少なくなります。
基本的に販売価格が安いです!大型ベッドのと比較するとかなり差があります。しかしものによって価格は違いますので、色々検索してみてください。
たくさんメリットがあるように見えますがデメリットもいくつかあります。
ベッドの下の床の掃除が難しいです!高さが低い分、掃除機のノズルや床拭きをする際に手が届きづらく、ホコリが溜まりやすいです。仕方ないですね。対処法としては、極力ベッドの下に物を入れず、空気の通りを作りましょう。腰を悪くする可能性があります!
それから、お年寄りには不向きです。床からの距離が近いため立つときに屈むので、腰の悪い方はさらに腰を痛めてしまう可能性があります。

ローベッドはこんな方におすすめ

先ほどメリットとデメリットについて書きました。それを踏まえて使用する、購入する際におすすめする方を書きます。
部屋に解放感が欲しい方!やはり圧迫感を感じずに寝ると気持ちがいいものです。インテリアとしてベッドを置いても、とても解放感のあるスタイリッシュなお部屋になります。色を明るい色にするとかわいい雰囲気に、暗い色にすると落ち着いた雰囲気に、するなど、配色の工夫次第でどうにでも雰囲気が変えられ、気分転換することができます。
年齢の小さなお子さま、一人部屋のお子さま!床からの距離が近いため、落ちても大きな怪我の心配がありません。親御さんも安心してゆっくり就寝することができます。
若いカップルや若い夫婦、マンネリ化したカップルなど!メリットには書いてませんが、広いローベッドはムーディーな雰囲気になり、盛り上がることができます。四月は引っ越しする方々も多いですね。是非この機会にベッドを買い換えてガラッと雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。
お金に余裕が欲しいと思っている方!やはり大型ベッドに比べ、出費を減らすことができます。何かやりたいことがあったりして貯金をしていたり、節約をしている方には優しい価格になっています。是非、インターネットで価格を検索してみてください。大型ベッドとローベッドの価格の差に驚くはずです。

コメント