ロフトベッドのメリットとデメリットは?おすすめ品&選び方

狭い部屋でも広く寝たい!セミダブルのロフトベッドおすすめ品と選び方 ロフトベッド

お部屋が狭い場合ロフトベッドが良いって聞いたのだけど・・・

大人用とか子供用とかってあるのかな?
またロフトベッドにはどんなメリットがあるのかな?

そんな疑問はないでしょうか。
ロフトベッドは高さがあるので、やっぱり丈夫さや耐震性が気になりますよね。

そんな訳で、今回はロフトベッドのメリットやデメリットなどをまとめてみました。

ロフトベッドのメリットとデメリットは?

ロフトベッドとは?

ロフトベッドは上段と下段にあるベッドスペースが特徴的です。

上段の高い場所ベッドがあるのでハシゴや階段を使って上がります。

一人暮らしや一人部屋などで部屋のスペースを有効活用したい人におすすめです。

ベッドの下スペースを利用すると部屋を広く使うことができ、いろいろな種類があります。

例えばデスク付きのロフトがあり、一人暮らしや一人部屋などではパソコンデスクとして利用することが可能です。

テーブルが広く使える種類や引き出しがあったり、本棚が置けるものもあります。

デスク付きタイプは実用性があるので人気があり、寝る場所からパソコンの位置が近いので便利です。

収納付きのロフトの場合、服を多く持っている人のおすすめです。ベッドの下にハンガーを掛ける場所があり、カーテンが付いているものもあるのでクローゼットのように利用することができます。

リーズナブルな価格で、いろいろと活用することが可能です。部屋を広く見せることができ、デスク付きのロフトと同じく人気があります。

中にはソファ付きのロフトがあり、ソファ部分がリクライニングになるので来客が来た際の簡易ベッドとして利用することができるでしょう。家族が増えてスペースが狭くなった家族にも向いています。

ロフトベッドのメリットとデメリット

ロフトベッドにはいろいろなメリットがあり、例えば部屋を立体的に使うことが可能です。

上にベッドがあるのでベッドの下の空いたスペースをソファやテーブルにしたり、クローゼットといったいろいろな物を置くことができるようになります。

上手に活用することによって狭い部屋も有効活用することができ、広々とした部屋に仕上げることができるでしょう。

上にベッドがあるので布団やマットレスなどの湿気を下に発散することができるのでカビ対策にも便利です。

布団の場合は毎日の上げ下げが必要になりますが、ロフトの場合は湿気がこもりにくいという特徴があるので、布団を敷きっぱなしでもカビが発生しにくいメリットもあげられます。

定期的に布団を上げ下ろしすることによって、健康的な環境に整えることができるでしょう。

ロフトの中には下に収納が付いていたりデスクが付いているものもあるので、付属するアイテムを利用することで家具などを購入しなくてもよくなります。

尚、いくつかデメリットがあり、例えばハシゴで昇り降りを行わなければいけません。

体を動かすのが難しい場合もハシゴの昇り降りが必要で、そのことがストレスになるかもしれません。多少体を動かしてもスペースを有効活用したい人にはおすすめのベッドです。

ロフトベッドはこんな方におすすめ

ロフトベッドを購入する場合、いくつか注意しなければいけないことがあります。

例えば地上高は重要で、地上からの高さや天井から床面まで距離を事前に確認しておくことをおすすめします。

メジャーなどを使って部屋の高さを確認しておき、ハシゴや階段などを設置するためのスペースも考慮しておかなければいけません。目覚まし時計やスマートフォンなどを枕元に置くスペースがあるものを選ぶと良いでしょう。

ベッドの床面は構造上、シングルやセミダブルサイズなどの1人用が主流になります。

ダブルベッドのように大きなサイズになると、強度において不安があるのであまり販売されていません。高さにはローとハイタイプがあり、ロータイプはだいたい150cm以下になっていて、ハイタイプがだいたい150cm以上あります。

普通のベッドより高い位置にスペースがあるので、普段とは違った感覚を楽しむことができ、ベッドの下のスペースを利用できるので部屋に合わせた利用方法を図ることが可能です。

一人暮らしや一人部屋で部屋の空間を有効的に利用したい人におすすめで、自分流にアレンジすることができます。

服の多い人にも向いていて、下の方をクローゼットのように使うことができるでしょう。

コメント